DICE factory

ロンドン3 ノーザンプトン

ロンドンから列車で約2時間。
いざ、靴の聖地!
ノーザンプトンへ!
1.jpg
あいにくの雨模様ですが、
まずはジョンロブのファクトリーショップへ
2.jpg
ここから世界中の靴好きな人々を魅了する靴が誕生していると思うと、
何故か背中がゾクゾクとしてしまいました。

3.jpg


4.jpg

ジョンロブのファクトリーショップ内部。
他のファクトリーショップと違い、
全部箱に入っているので
一つ一つ箱の中を覗いて、お気に入りを探していきます。
この時はローファータイプが多く在庫してありました。

5.jpg


6.jpg

次はクロケット&ジョーンズへ

表の窓からは工場内部の作業工程を見ることが出来ました。

7.jpg


8.jpg


9.jpg



10.jpg


11.jpg

クロケット&ジョーンズのファクトリーショップはズラリ靴が陳列してあり、
サイズごとに見やすくしてありました。

この時居合わせたお客さん8人全員が日本人。

ノーザンプトンにいながら、日本語しか飛び交わない異様な空間となっておりました。
日本人のクロケットの人気はさすがの一言。

値段もかなり良心的。(この時は1ポンド174円)

12.jpg

次はトリッカーズ!



13.jpg


14.jpg


15.jpg

ファクトリーショップのおじちゃん(多分それなりに偉い人なのだろう)が気さくで気前が良く、
『日本でトリッカーズを買うと高いだろ!?』やら、
『ノーザンプトンに来たなら絶対チャーチと靴博物館は行けよ!』やら、
ものすごい顔の筋肉を駆使しながら話しかけてくれました。

おみやげに靴べらとシューバッグを頂きました。

とても優しいダンディなジェントルメンでした!

ありがとう!

16.jpg

ファクトリーショップめぐり最後は、チャーチ。
ノーザンプトン駅から歩いて行ける距離。
しかしながら、トリッカーズのおじちゃんがオススメしたわりには特別目立ったものもなく、雰囲気を味わっただけで終了。
17.jpg

最後は靴博物館。
本当はゆっくり見て回りたかったのですが、
列車の時間が迫っており、かなり早足。

18.jpg

博物館内部はかなり薄暗く、もちろんフラッシュはNGで、あまり写真が撮れませんでした。
残念。
20.jpg
21.jpg


22.jpg


23.jpg


24.jpg


25.jpg


26.jpg


27.jpg


28.jpg


29.jpg

今回、エドワードグリーンは事前予約が取れず回れませんでした。。。
各工場・ファクトリーショップを目一杯楽しむにはノーザンプトンに一泊する必要があるな、と痛感しました。
靴好きな方にはいくら時間があっても足りないと思いますが。
ノーザンプトンの雰囲気、今回のメインイベントを堪能出来、大満足でした。

ロンドン編は次回が最後です!
----------------------------------



熊本の靴修理専門店 DICE factory (ダイスファクトリー)
〒862-0920 熊本県熊本市東区月出5丁目3-11
TEL・FAX 096-367-8200 / E-mail dice.factory415@gmail.com
お気軽にお問い合わせください。

OPEN 11:00 ~ CLOSE 21:00 水曜・定休日
※2013年12月から定休日が水曜日になりました。


■ DICE factory blog
■ DICE factory Facebook page


ブログランキング・にほんブログ村へ
熊本の靴修理専門店 DICE factoryはブログランキングにも参加しています。