FC2ブログ

DICE factory

まさしく『キング オブ ソックス』

皆様お待たせしました!
満を持して入荷です。


Corgi (コーギー)



知る人ぞ知る、

泣く子も黙る、

雑誌にも引っ張りだこな、

ハッとして good なソックス。



正直、靴下としてはちょっと高い。

しかしながら、履いた人にしか分からない、唯一無二な存在。

靴好き・ブーツ好きな皆様。

靴下の存在を今一度見直し、
ちょっと背伸びして職人の魂を踏みしめてみて下さい。

体感して欲しいのでブログで多くは語りませんが、

蒸れにくい・当たりがない・肌触りが良い。

これはすぐに体感して頂けると思います!

¥3,780-(税込)






¥3,990-









こんな感じです。






Corgi (コーギー)
・・・・・
1893年に英国サウス・ウェールズで創業したニットメーカーです。

創業当時のウェールズ地方は炭鉱が主な産業であり、そこで働く労働者たちに暖かいロングソックスを穿かせたいという思いからハンドメイドの靴下の製造を開始しました。

1960年には、ハンドフレームによるインターシャのニットウェアの生産を開始し、後にカシミア素材も加わり、パリの高級メゾンにも認められるようになります。

そして1988年にはプリンス・オブ・ウェールズ(チャールズ皇太子)が10年間に
及びニットウェアとソックスを愛用した実績によりロイヤル・ワラント(王室御用
達認定証)が認められました。

コーギーの靴下は21世紀になっても、ずっと昔ながらの職人の手作りにこだわっています。

特にケーブル、インターシャにて柄の入った靴下は、一足一足最初から最後までハンドメイド。

靴下のつま先部分についてはすべて職人が手でリンキングすることにより、ゴツゴツとした感触が残らないようにしています。

コーギ・ホージリー社のロゴマークと一緒に並んでいる「3つの羽の紋章」は英国皇太子の紋章です。

1988年に英国王室御用達の認定を授けられ、この紋章を使用する権限が与えられました。

なお、皇太子の紋章に入っている「ICH DIEN」という文字は、「私は奉仕する」という意味のスローガンです。
・・・・・

アイテムの更新が間に合っていませんが、
DICE factoryオンラインショッピング是非ご利用下さい!



DICE factory ONLINE SHOP



最新情報はDICE factory instagramからもチェックできます!



DICE factory instagram アカウント → @dice_factory_kumamoto



----------------------------------



熊本の靴修理専門店 DICE factory (ダイスファクトリー)
〒860-0016 熊本市中央区山崎町47番地北村ビル1F
TEL・FAX 096-288-4400 / Mail dice.factory415@gmail.com
お気軽にお問い合わせください。

OPEN 10:00 ~ CLOSE 20:00 水曜・定休日
※2015年3月に移転リニューアルオープンを致しました。


■ DICE factory blog
■ DICE factory Facebook page
■ DICE factory instagram


ブログランキング・にほんブログ村へ
熊本の靴修理専門店 DICE factoryはブログランキングにも参加しています。